本文へ移動

リハビリテーション科 > 当科の基本方針

当科の基本方針

 地域の中核病院として、社会参加レベルにおける患者様とその御家族を巻き込んだ永続的な生活の質の改善を目指して、身体機能と構造のレベルにおける綿密な評価と繊細な介入を行う。
 
"ちょっと解説です"
2001年にWHO(世界保健機関)で採択されたICF(国際生活機能分類)では、それまでの障害を持った方や患者様の不利益やマイナス部分だけを見るのではなく、できることやプラスの部分をきちんと評価することが求めるようになりました。また、怪我や病名だけを扱うのではなく、個々人の生活を考慮したリハビリテーションが求められるようにもなりました。  
 また2005年にアメリカ、ユタ州で開催されたⅢ Step Conferenceという会議でCarolee J. Winstein博士が理学療法について述べたことですが、怪我や病気を治すだけではだめで、患者様ご本人だけでなく御家族も含めた最良のQOL生活の質の再獲得とそれが持続することを目標にするべきだということです。
 
 私たちは、ICFの理念とPNF概念(後述)に則り、Winstein博士の考えに共感してプラス思考で患者様の利点を伸ばし、弱点を克服する手助けをしています。怪我や病気で悪くなった部分だけを治すのではなく、個々人の生活、仕事や趣味などに合わせたプログラムを提供するように努めています。

以上が基本方針の解説でした。
TOPへ戻る