本文へ移動

精神科リハビリテーション科 > の案内

入院精神科作業療法

精神的な疾患によって困難になった日常生活や社会生活を、その人らしく送れるよう、一緒に問題解決のお手伝いをしていきます。
対象
 〇 統合失調症
 〇 気分障害(うつ・躁うつ)
 〇 認知症
 〇 依存症(アルコール・薬物)
 〇 その他の精神疾患
    以上の精神疾患を持ち、生活に不自由を感じている方が対象となります。
〇 例えば ・・・・・・・
  『頑張ろうとするけど、気分が乗らない。体調がくずれてしまう』
  『仕事や家庭のことに対する不安が強く、自信がない』
  『病気について詳しく知らない。付き合い方がわからない』
  『人間関係がうまくいかない』
  『買い物や家事が出来なくなってきた』
   このようなお悩みを解決に導けるよう、お手伝いさせていただきます。
                                        
① 病状の安定
  病状の回復過程に関わらず、活動を通じて病状の安定を図り、回復を促進します。
 作業療法活動には気分転換、ストレスの発散、情緒の安定を図るなどの効果があります。
 
② 対人関係の改善
 病気により、コミニュケーションをとることが苦手な方が多くいらっしゃいます。結果として社会復帰・参加の阻害要因となっている場合があります。そのような方々に対して、まずは作業活動を通し個人から集団といった段階付けをしつつ、人と上手く関わる方法を学びます。
 
③ 基本的な日常生活の獲得
 病気により生活が不規則になりやすいため、定期的な作業療法への参加を促し、生活リズムを整えます。また、在宅で日常生活(金銭管理、家事、健康管理など)を送るための援助、相談なども行います。

【いろは】
 塗り絵、習字、読書、カレンダー作り、手芸、パズル、計算、ゲームなどを行っています。
 【創作】
 季節に応じた作品を作成します。
 【レクリエーション】
 的当てやボーリング等の体を動かすゲームや、その他頭の体操を含めたプログラムを
行っています。
 【外出】
 買い物や、いちご狩り・花見などの季節に応じた外出プログラムがあります。
必要に応じて個人で行う場合もあります。
 【心理教育】
 患者様、作業療法士、看護師、薬剤師で病気について学びます。病気とうまく付き合う
方法を考えます。
 
午前
いろは
レク
創作
外出
らくらく運動 いろは 創作 チューリップ
午後 いろは レク いろは いろは・料理 いろは
ひまわり
映画鑑賞
交通事故や脳卒中などの病気により脳に損傷を受けたことが原因で、「高次脳機能障害」が発症することがあります。茨城県高次脳機能障害支援センターでは必要な情報を提供しています。
TOPへ戻る