本文へ移動

当院整形外科の特徴

当院整形外科の強み

はじめに
少子高齢化の現代にあり、自分の体は自分で管理し守らなければならない時代となってきました。体の根幹をなす分野一つが整形外科であり、骨・関節などの骨格系、およびそれを取り囲んでいる筋肉、またこれらを支配する神経系の機能改善を目指して治療する診療科です。当科は、地域にお住まいの皆様の身近な整形外科かかりつけ医でありたいと考えておりますので、どんなことでもお気軽にご相談ください。患者様に丁寧に病状をご説明し、適切な治療をご提供いたします。
 
最大の強み
充実したリハビリ分野を備えていることです。運動器疾患は手術治療や薬剤治療のみでは不十分であり、患者様個人個人にリハビリを組み合わせることによって初めて、より良い生活への補助になり得ると考えております。
 
対象疾患、症状
肩こり・五十肩・腱鞘炎・慢性、急性腰痛・腰部脊柱管狭窄症に伴う坐骨神経痛・変形性関節症(股関節、膝関節)に伴う関節痛や変形・手足のしびれ・手指のこわばり・扁平足・外反母趾など筋肉、骨格系のあらゆる疾患、症状に対応いたします。
 
治療内容
各種鎮痛薬処方
痛みの発生要因により使用される薬剤は違います。漫然と薬剤を処方するのではなく、患者様個々の病態に応じた鎮痛薬を選択し組み合わせることによって、より良い鎮痛治療となることを目指します。
 
骨粗鬆症治療
骨粗鬆症とは加齢や疾患により通常の外力では折れないような状況で骨折してしまう状態のことを言います。
(日本整形外科学会の骨粗鬆症のページにリンク)
適切な運動、栄養、薬物治療の提案をいたします。薬剤に関しましては患者様の年齢、性別に応じて薬剤を使い分けることで、より最適な薬剤治療を選択いたします。
 
スポーツ障害
スポーツ障害とはスポーツによる怪我とスポーツのし過ぎで起きる身体の障害の総称です。
怪我や障害の背景には未熟な運動技術や動作の悪癖が影響していることが少なくありません。損傷そのものの外来治療を行うだけでなく、当院リハビリ分野と協力しながら患者様個々人の障害発生原因を探り、今後症状の再発を起こさないためにはどのようなことに気をつけるべきかの提案を致します。
 
関節内注射
関節の中には、関節液と呼ばれる粘り気をもった液体を含み、関節を滑らかにし衝撃を吸収する役割があります。この関節液の主成分がヒアルロン酸で、強い粘り気と弾力性があります。加齢により変形した関節は残念ながら元どおりにはなりませんが、ヒアルロン酸を外部から補うことにより関節の動きの滑らかさと衝撃吸収作用が回復し、痛みが和らぐことが期待されます。
 
トリガーポイント注射
トリガーポイントとは首、背中、腰などの痛みの引き金となる場所のことです。トリガーポイントが形成される要因は、主に長時間同じ姿勢を維持したまま動かさない「不動」、あるいは同じ筋肉を酷使することによる「使いすぎ」と考えられています。その部分に対して、局所麻酔剤を注入することで痛みを除去する効果が期待できます。
 
ダイエット治療(月、火、木、金)
適性体重を大きく超えると、心臓疾患、糖尿病などの内臓疾患はもちろんのこと、膝関節をはじめとした運動器疾患の発症率が有意に上昇しますし、日々の生活も制限されてしまいます。たった数kgの減量であっても劇的に生活が改善された、というお話をしばしばいただきます。
(BMIの計算方法のサイトへリンク)
リハビリ科、栄養課と協力し適性体重に向けて積極的なバックアップをいたします。
積極的に減量に取り組みたい、減量したいけれども何をしたら良いか分からない、関節痛が酷くて運動できないなど個々人の体力やモチベーションに合わせて減量スケジュールを組んで参りますので、ぜひご相談ください。
 
手術的治療(月、火、木、金)
ばね指、骨折の経皮ピンニングなど主に日帰り小手術
皮下脂肪腫、粉瘤の切除術
より大掛かりな手術につきましては,遅滞なく適切な連携施設へご紹介を致しますのでご相談ください。
 
交通事故後の外来フォロー
各種診断書の作成(月、火、木、金)、リハビリ指導などを行います。MRIなどの精密検査が必要な場合には、連携施設へご紹介いたします。
 
交通事故や脳卒中などの病気により脳に損傷を受けたことが原因で、「高次脳機能障害」が発症することがあります。茨城県高次脳機能障害支援センターでは必要な情報を提供しています。
TOPへ戻る