本文へ移動

看護部 > 看護師を目指す方へ

看護部外来看護師



 
 
 消化器内視鏡技師
 
    看護師   石井佳織
 

  



 

消化器内視鏡技師は看護業務のほか、内視鏡を用いた検査や治療の準備、医師の補助や患者様の介助を行います。検査や治療の前処置、観察、記録、使用後の機器を感染予防に対処しながら洗浄、消毒も行います。また必要物品の補充・管理なども業務になっています。

 何より重要な役割は、患者様の不安な気持ちや苦痛が最小限になるように温かい対応に努め検査・治療が円滑に進むように心を配ることです。

 当院では熟練した技術を持つ医師による上部消化管内視鏡検査を行っております。

以前は経口からの検査で苦痛も大きかったですが、現在は経口だけでなく経鼻での検査も行っており苦痛もかなり軽減されています。胃の調子が悪い、痛みがある、胸焼けがするなど症状がある方は是非ご相談下さい。また、症状のない方でも人間ドックにて検査を受けることができますのでお問い合わせ頂けたらと思います。

 


 

看護部病棟看護師



 
   7年目看護師 
 
       分 愛 
 


 

 早いもので看護師になって7年が経ち、今でもたくさんの経験や勉強をさせて頂いています。その中でたくさんの挫折も味わいました。それは自分を見つめ直すきっかけとなり、入職時は内気で自信のない性格でしたが、今では自信持って笑顔で仕事が出来るようになりました。

 看護師になって忙しい毎日ですが、患者様からの「ありがとう」の言葉が嬉しくて、もっと頑張ろうと思える遣り甲斐のある仕事です。
そして、そんな中息抜きも必要です。私は休日や、時間のある時を利用して、時代劇でよく見るあのシーン、殺陣(たて)を習っています。体を大きく動かして斬る斬られる事を表現するので、すごい運動量になりダイエットもできます(笑)ストレス解消には運動が一番ですね!
仕事や息抜きを上手に行って、一緒に看護師として頑張りましょう。

 
TOPへ戻る