平成22年度 第3回QCサークル活動

プログラム・キーワード 20サークル

プログラム・キーワード

部署名 サークル名 テーマ 結果
★エコ・災害
業務改善 部門横断的なQC活動 災害対策・緑化推進活動の実施報告
★財務の視点
D3病棟「D中隊」省エネ時代到来 節電・節水
E3病棟見直しANGELS☆E3地球に優しく!トイレットペーパー消費量を減らそう優秀賞
検査室すずらんグリコヘモグロビン測定装置の更新をしよう
機能訓練室 機能訓練室 土曜診療開始にむけて
医事課プロミス未収金ゼロを目指して
透析室キドニーズ平成22年度 診療報酬改定に伴う対策
★業務プロセスの視点
外来High & Low外来業務の見直し
A病棟QCレンジャー時間外労働の削減
10中央材料室ミルキークィーン使用期限切れの医材数を減少する
11栄養課ひまわりの会配膳ミスをなくそう
12薬局さくら欠品をなくそう
13地域医療連携室卯都木章と三人の弟子たち関係医療機関との連携強化
スムーズな入院受け入れに向けて
14中央病歴管理室ターミナルデジット精度の高い診療録を作成する
15コンピュータ室HWQC振興会「手書きが大変で…」~院内IT化推進 第2幕~ できることからやってみよう最優秀賞
★患者様の視点
16放射線室X-ray QC転倒・転落対策
17D2病棟GO GO D2家族もケアに参加しよう優秀賞
18B病棟合体ロボBみんなでレクレーションを楽しもう
19E4病棟スワンチーム自立患者のコミュニケーション率UP
20E2病棟ゴキレンジャー害虫の除去
 平成23年1月4日
経営課題1:医療の質の向上 
              
「病院内にP-D-C-Aサイクルを回す」
 
第3回QCサークル活動発表会・投票結果及び、アンケート調査の分析報告書
  担当 透析室長 横瀬誠治
* 投票結果について
 当日参加 194名、抄録参加者 55名で、計249名が参加。
 
第3回QCサークル活動発表会 投票結果

第3回投票結果

演題№ 部署名 サークル名 テーマ 得票数結果
15 コンピュータ室 HWQC振興会 「手書きが大変で…」~院内IT化推進 第2幕~ できることからやってみよう
142
最優秀賞
E3病棟 見直しANGELS☆E3 地球にやさしく!トイレットペーパー消費量を減らそう!! 139優秀賞
17D2病棟GO GO D2家族もケアに参加しよう113優秀賞
医事課プロミス未収金ゼロを目指して110
外来 High & Low 外来業務の見直し 90
以下省略
平均 65.25P
開票日:平成22年12月27日(月)
開票立会い及び、担当者名
細田事務長、髙城、髙塚、山口、藤原、野口 横瀬
 
結果、上記のごとく、僅差で「HWQC振興会」が最優秀賞。また、優秀賞には、「見直しANGELS」および、「GOGO D-2」が第1回目から引き続き、堂々たる入賞連覇となりました。
 
* アンケート結果について
第1回と今回のアンケートを比較しました。
① 開催日は、第1回より比較して「12月」が更に多くなった。
  → 開催日は12月に決定。
② 開催時間帯は「17時~」が多かったが、第1回と比較して、「15時~」の希望も多くなってきた。
  → 次回は、「15時~」または、「17時~」を検討します。
③ 発表時間は、約8割が「5分」であったが、「6分」を希望する割合も若干増加した。
  → 演題数によりが、20題前後の場合は「5分」。15題前後の場合は「6分」を検討します。
④ 内容については、今回は、「実りのあるものであった」が6割となり、第1回より、約10%減少した。
⑤ 視聴・継続については、変化がなかった。
⑥ 投票・表彰については、約5割が「行った方が良い」であった。
  → 継続。
⑦ 参加者の感想・意見としては、「好感的な感想・意見」が増加した一方、「発表形式・全体的な時間短縮」の検討を希望する意見が増加した。また、「会場・環境への配慮」については今回減少した。
  → ②③ともに、総合的に検討します。
 
* まとめ
 今回は、BSCを更に理解していただくために、BSCで重要な4つの視点(財務の視点・学習と成長の視点・業務プロセスの視点・患者の視点)をQCキーワードとしました。今回のQC発表は、第1回と比較して、成長・低下・維持した部署様々ではございましたが、各演題、優劣付けがたいものであったと思われます。
 投票において、今回、大・小人数部署の投票数の偏向を防ぐため、また、内容重視の投票とするため、ご自分の所属している演題には投票できない形式とさせていただきました。
 結果的には、入賞部署(1位~3位)の獲得ポイントは、第1回が平均100P、今回は平均130Pへ上昇したことは、QC活動および、発表内容の重視が選考され、一極集中した結果であると思われます。
 第4回QC発表会の開催につきましても、今回の皆様の貴重なご意見・感想を可能な限り取り入れ、進めさせていただきたいと思いますので、引き続き、皆様のご協力をお願い致します。また、部門横断的または、ブロックごと(今回のB病棟合体など)にQCサークル活動の形態を検討されても良いと思います。次回は、フロアーの皆様より、活発なご討議を期待致しております。
 コンピュータ室 最優秀賞おめでとう!!