本文へ移動

呼吸器内科

呼吸器内科とは

呼吸器内科は、肺や気管支の病気を専門とする内科です

肺や気管支に病気が起こると

・咳や痰(特に長引くもの)

・血痰

・息切れ

などの症状が生じます。また、特に症状がなくとも、レントゲンなどの画像検査で異常が見つかる方もいらっしゃいます。

呼吸器内科の領域における主な疾患としては

・喘息

・COPD

・特殊な肺感染症(抗酸菌症、真菌症など)

・間質性肺炎

・胸水

・肺癌やその他肺腫瘍

が代表的です。

 

当院の呼吸器内科外来では、レントゲンやCTといった画像検査、呼吸機能検査、採血などの検査ができ、以下のような診療が行えます。

・原因の分からない長引く咳や血痰、息切れについて原因を調べます。健診で異常を言われた方についても対応可能です

・喘息やCOPDについて、ガイドラインに沿った標準的な治療を行います

・呼吸器では慢性の病気も多く、それらの定期的な状態確認を行います

・進行すると在宅酸素療法が必要になる患者様もいらっしゃいますが、そのような方のケアも行えます

・肺癌を疑う方や肺癌と診断された方、原因不明の胸水がある方などは、より高度な検査や治療のできる連携病院にご紹介いたします

 

<スタッフ紹介>

 

医師 杉原 潤

専門:呼吸器内科

外来:木曜日

 

 

  受付時間 平日 8:30~11:30 13:30~16:30
       土曜 8:30~11:30

4
6
1
6
6
2
TOPへ戻る